• トップ /
  • 通信制高校の入試と面接

今注目を集める通信制高校

不登校や、全日制高校の中退者などが増えている昨今通信制高校が注目を集めています。通信制高校は文字通り通信による教育を行う高校で、学校教育法上3年以上学ばなければなりません。その最大の魅力は、自分のペースで勉強が出来るということです。有名な芸能人やスポーツ選手も通信制で学んでいることが多いです。他にも仕事をしながら高校卒業の資格を得たい人や、不登校気味な人にとっても無理なく学べると人気です。一般的には、単位制で留年が無いのも自分のペースに合わせられるというところが全日制や定時制にない部分です。自宅で学習し、学校が定めた回数のレポートを提出し添削指導を受けるかたちです。そして気になる通信制高校の入試ですが、いわゆる学力テストが課されていることはほとんどありません。面接と作文程度の簡単な筆記テストがあるくらいです。通信制高校を希望する人で最近増えている、不登校の人の中には学校での授業を受けていないことから自宅での学習をほとんどしていない人も多く、そういった人たちにも広く学んでもらうために、あえて入試のハードルは低くなっています。そのため通信制高校の入試は、面接に重点をおいています。面接でも今の自分の現状を素直に応えれば大丈夫です。

↑PAGE TOP